肌を気にする女性たち
マスクシートを使用している女性
鏡を見ている女性
心配している女性

シミにも効果をもたらすトレチノインは、オールトランスレチノイン酸のことであり、ビタミンAの誘導体です。表皮よりもずっと深いところに蓄積をする、メラニン色素をとどまらせることなく、外へと排出をさせる働きを持ちます。ビタミンAよりもおよそ50倍から100倍の生理活性であるトレチノイン酸は、まさに体内で活躍をするビタミンAの生理活性本体です。

外部より取り入れるイメージがありますが、人間の体の中にはほんの少量ですが血液の中に流れています。微量は誰もが体内に持つため、使用をしても肌や体にトラブルが発生をする心配はありません。滞りがちな皮膚の代謝ですが、表皮細胞に働きかけて活発に増やしていくことができるので、古い細胞は押し上げられてメラニン色素も共に排出をされる仕組みです。

常に一定の肌に見えるものの皮膚細胞のサイクルは、およそ4週間で生まれ変わるようになっています。メラニン色素がそのまま蓄積して時間の経過とともに、シミとなり肌に留まるのを阻止して、若い新しい皮膚細胞とのバトンタッチを順調にするのも、トレチノインの得意とするところです。

最も表皮の深い部分は基底層であり、表皮細胞はこの基底層で誕生をして、ゆっくりと皮膚の表面へと押し上げられます。最終的は角質になり垢となり自然に剥がれていきますが、加齢や乾燥に紫外線の影響など、様々な要因でサイクルは乱れがちです。ほとんどのシミは基底層あたりにメラニン色素の沈着が起きている状態であり、メラニンを作るメラノサイトの細胞が基底層周辺にはあります。

市販されている医薬部外品の美白剤は、肌のホワイトニングの助けになりますが、含有の有効成分は微量で作用も強くはありません。すでに沈着をしたメラニン色素を美白化粧品の成分で、どんどん外へと押し出す働きはあまり期待はできないです。

しかし、トレチノインは一般美白コスメとは異なり、深い層に存在をするメラニンを外へと出す作用を持ちます。正しく使い続けることでメラニン色素を、およそ2週間から4週間で外へと出しますがこれが最大の特徴であり効果です。

アメリカではニキビやシワの治療薬としても医療機関で使われており、アメリカ食品医薬品局にも認められているほどの実力で安心して使うことができます。エイジングの悩みは世界共通であり、アメリカや海外でも国内の医療機関でも若返りの医薬品として使われることは多いです。即効性ではなく時間をかけて、ゆっくりとシミへの効果をもたらします。

また通販可能なレチノイン酸ジェルも人気があり、通販サイト内では使用方法等も詳しく記載されているので、安心して購入する事が出来ます。